メディカルアロマ

メディカルアロマテラピーとは

med-aroma01

植物から抽出された精油を利用するメディカルアロマテラピーの特徴は、人間の身体に生まれながらに備わっている自然治癒力を高めることにあります。

発祥の地

87ea2f213aeb86c0e2822d633f567d5a_m

メディカルアロマテラピーはフランスで発祥しました。日本で漢方薬が治療法として活用されてきたように、ヨーロッパでは昔からハーブがとても身近な存在で、人々の暮らしに寄り添ってきました。特にフランスやベルギーでは、医療として認められているメディカルアロマテラピーの活用が盛んで、1930年頃にはすでに体系化されていたのです。

日本のアロマテラピー

med-aroma03

一方イギリスでは、医療としてではなく植物の香りを利用したリラクゼーション効果を得るために用いられています。日本に最初に入ってきたのがこのイギリス式だったため、日本ではリラクゼーションの視点から利用されるアロマテラピーが主流になったのです。

日本でのメディカルアロマテラピー

sayuaroma_01

1990年代に入ると、心身に働きかけるアロマテラピー効果の高さを認めた人々の働きかけによって、日本でもアロマテラピーを医療現場で活用しようと協会が設立されはじめました。一般的なアロマテラピーはイギリス式、メディカルアロマテラピーはフランス式と区別すると分かりやすいでしょう。

メディカルアロマテラピーのアプローチ

薬品の投与や手術という医療手段のみに頼らず、穏やかに人間の治癒力を引き出すメディカルアロマテラピーは、さまざまな診療科目で活用されています。

心療内科・精神科うつ症状や不安、悩みの緩和
眼科・歯科麻酔の補助的な役割で、緊張緩和
産科・婦人科月経前緊張症(PMS)や更年期障害、不妊症などの改善をはじめ、出産時の痛みの緩和
皮膚科アトピー性皮膚炎の改善
耳鼻科鼻炎症状の緩和
整形外科血行障害や肩こりの緩和

植物の有効成分が濃縮された精油を嗅ぐことで脳に作用させる方法と、お肌への塗布や吸入、経口摂取によって臓器や各器官へ作用させる方法などがあります。
ただし健康保険の適応対象外であることや科学的な立証データが不足していることから、積極的にメディカルアロマテラピーをとり入れている病院はまだまだ少ないのが現状です。
しかしながらストレスにさらされることが多い現代において、健康増進効果や病気の予防に役立つメディカルアロマテラピーの需要はますます高まっていくことでしょう。

メディカルアロマセラピストとは

60 種類以上の精油に関する豊富な知識を持ち、病院やホスピス等の医療施設や介護施設等で患者や依頼者に対し、補足医療としての適切なアロマセラピートリートメント( 症状の把握、精油の選択、マッサージ、湿布、吸入、芳香浴等) の施しや症状緩和のための適切な指導ができるアロマセラピストです。

信頼できるスタッフがセラピーをしっかりサポート

信頼できるスタッフがセラピーをしっかりサポート

Sayu aromaのスタッフは世界アロマセラピー機構認定スクールであるマーヴォアロマスクールを卒業、日本資格を取得したスタッフです。信頼できる技術と知識でしっかりサポートいたします。医療・緩和ケア・美容・民間療法などの様々な目的に合わせたセラピーで精神・身体・肌へのアプローチを行っていきます。

マーヴォアロマスクールとは

イギリス、フランス、韓国、日本のアロマセラピーに関わる医師や専門家により設立された世界アロマセラピー機構(World Organization of Aromatherapy)のオーストラリア代表校です。加盟国共通基準で発行される世界標準のWOA 認定資格取得が可能。WOA オーストラリア理事長である相澤正弘氏による正しいアロマセラピーの普及活動を行なっていきます。